グレープフルーツは皮ごと使ってダイエット用グリーンスムージーを

ダイエットを考えている人にとってグリーンスムージーは魅力的な方法の一つです。一食分をグリーンスムージーに置き換えることで、体に必要な栄養素を取り入れながらカロリーを抑えることができるからです。しかしグリーンスムージーの中身は何を入れたら良いか迷う人がいます。グリーンスムージーの基本的な材料は青い葉っぱの野菜と果物と水です。青い葉っぱというとケールやほうれん草、水菜などがあげられます。ブロッコリーの芯やニンジンなどはでんぷん質が多いのでダイエットには不向きです。

グリーンスムージー 皮 グレープフルーツ

グリーンスムージーにおすすめの果物は何と言ってもグレープフルーツです。グレープフルーツに限ったことではないのですが、皮は捨てずに使用した方が良いです。皮や皮と実の間には実よりも栄養が沢山入っている場合が多いので、グリーンスムージーに入れてしまいましょう。グレープフルーツの実が包まれている皮は普通に食べる時には苦みがあるし、食べにくいので、口に入れるのに抵抗があります。しかしブレンダーで細かくしてしまえば、グレープフルーツの皮も気にせずに食べることができます。

グレープフルーツは体に良い栄養素が沢山含まれています。例えばクエン酸です。クエン酸は疲労物質である乳酸の分解に一役かってくれます。またビタミンCも豊富なので美肌効果が期待できます。グレープフルーツの苦みであるナリンギンや、香りに含まれるリモネンは精神安定効果をもたらします。そして何より前述したクエン酸やナリンギンは脂肪燃焼効果をもたらすので、ダイエットの強い味方になってくれるのです。

もしグリーンスムージーをブレンダーから作るのが面倒に感じるのなら、粉末状のスムージーを購入してみてはどうでしょうか。お水を入れて溶かすだけなので簡単なので毎日続けることができます。栄養バランスも良いので、自分の好きな物、例えばグレープフルーツを入れれば自分好みのダイエット用グリーンスムージーを簡単に作ることができるのでおすすめです。